スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

退院&出産しました!!

すっかりご無沙汰してしまいました。
先月、1月21日に2,716グラムの女の子を出産しました。

トラコミュ 妊娠、マタニティー


予定日は2月24日。
一ヶ月以上早く産まれてきてくれました。在胎日数35週1日。早産です。
0118.jpg


ここからはちょっと重いところもある話を…。



あ、またブログ更新頑張りますので、ぜひ見に来てくださいね★
励みになりますので、ぜひ応援のクリックをお願いします ↓
にほんブログ村 子育てブログへ にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納(個人)へ にほんブログ村 ハンドメイドブログ 子供服(洋裁)へ

前回の記事で救急車に乗ったと書きましたが、緊急で母体搬送されるほど私は切羽詰まった状態だったようです。
子宮頸管長が短いのではなく、もうない状態で子宮口が開いている状態。つまりはお産が進行している状態でした。28週の時点でです。
大学病院のMFICUに入院してからは、トイレも行ってはダメ、ご飯もベッドで横になって食べる。助産師さんには骨盤高位を進められやりましたが、こちらは嘔吐してしまったため中止。子どもと面会することもストレッチャーに横になって30分だけ週一くらいならと、私の精神面を考慮して入院後しばらくして許可されてました。

もう本当に精神的にきつくて…。何度泣いて何度赤ちゃんを出してしまいたいと思ったことか。


主治医は入院後一週間たたずに産まれてしまうだろうと思っていたそうです。

赤ちゃんの肺機能がほぼ完成する34週までMFICUで過ごし、34週3日で一般病棟に移ることが出来ました。
トイレは車椅子での移動でしたが、いろんな人としゃべれるだけでも精神的に違くて…。救われました。

でも、一般病棟では本当にいろんな人がいるんだなと、自分の視野の狭さを実感。
不育症で何度も流産してしまい9週からずっと管理入院している人、同じく不育症で17週で死産してしまった人、あとは双子を生むということがどれだけ大変なことかも知りました。
二卵性なら多少遅い週数で管理入院出来て自然分娩もチャレンジできるが、一卵性だと妊娠後期から産むまでず~っと入院、そして自然分娩はできないなど、知らないことだらけでした。


私は入院中ウテメリンを点滴していたんですが、最終的にほぼマックスに近い、4A25まで点滴しました。
それでも陣痛は来ました。分娩時間47分です(^^;
主治医からウテメリンをしていても陣痛は抑えられないと聞いてはいたんですが、本当なんだなと身を持って体験。

赤ちゃんはNICU・GCUで2週間弱過ごし、37週になった昨日退院できました。幸い後遺症もなく元気です。


そのうち今回の切迫早産入院をブログの記事にしたいなと思います。
なかなか重症な患者だったようなので、上には上がいるんだよ~!という励みにしてもらえれば…。

スポンサーサイト

Pagination

Trackback

Trackback URL

http://mysweetestlife.blog.fc2.com/tb.php/94-c8137785

Comment

Post Your Comment

コメント登録フォーム
公開設定

Utility

楽天で買い物

応援クリックお願いします★

プロフィール

Elizabeth

Author:Elizabeth
夫(1歳下)、息子(3歳)、娘(1歳)と家族4人暮らし。

埼玉県で建売住宅を購入し住んでいます。マイホームを快適にしたくて整理収納を頑張っています。
趣味のハンドメイド、カメラもぼちぼちマイペースに…。

訪問者数

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。